30代からの転職は慎重にするべきです

35歳からの転職

 転職をするときに、いわゆる35歳の壁というものがあります。次の仕事を見つけるのが35歳を境として非常に難しくなるためその言葉があるわけです。年齢が高くなってくると、その分だけ難しい仕事の内容を求められますし、人の上に立つポジションの人が、部下に自分よりも年上の人が入ってくるのはやはりストレスですから、ポテンシャル採用として20代の人と同じ部署に配属するのはイヤがる傾向があるのは確かです。

 

 それゆえ、30代に入ってからの転職はかなり慎重に行わないといけません。つまり、長く続けることができて、かつ辞めたときにでも次の仕事が見つけやすい会社を見つけなくてはいけないわけです。

 

30代の転職は時間をかけましょう

 ですから、20代のときのようにお金が欲しいからという理由であまり将来のことを考えずに転職するというのは、年齢を重ねていくうちに慎んだほうが良いでしょう。何の理由もなく会社を転々とするのは企業側にとっては悪い印象しかありません。

 

 30代に入ってからは会社を慎重に選んで、長く続けられるかを見極め、そして入社してから少しギャップがあったとしても、それを我慢して自分のキャリアにつなげる努力をするというのが40代以降の給料や生活を大きく変える分岐点になるわけです。



トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト