転職の際の面接官の応募者に対する視点

面接官は応募者の弱みを見つけようとしている

 転職において新卒採用の場合と最も異なるのは、即戦力としての技術や経験を問われることでしょう。これはもちろん重要なことでありますが、中には胸を張れるような経験を積む前に転職を決意する場合もあるでしょう。そのような場合にも転職は可能ですが、転職にはより正当性のある理由が求められます。

 

 つまり、面接官としては、一見有能そうで、自社にほしいな、と思うような人材であっても、よほどの実績や技術を持っている人間に対するヘッドハンティング以外の場合では、この応募者は前の会社でうまくやっていけないような何らかの心身の不具合を持っているのではないか、と考えるわけです。

 

必ず聞かれること

 なので、転職理由や前職での経験について深く掘り下げ、様々な角度からその人間を試します。あなたがもしそのような問題がないのであれば堂々と質問に答えればよいし、もし何らかの後ろ暗さがあるならそれを隠すための綿密な準備、またはそのような弱点の克服を行ってから転職をするのがよいでしょう。

 

 具体的には、入社から3年以内での転職や、より上のレベルへの変化でない転職の回数が3回以上というのは、かなり面接官に疑心を与えてしまうと考え、何らかの準備を行った方がよいでしょう。



トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト