ファイナンシャルプランナー(FP)の資格の概要との資格取得のコツ

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格の概要との資格取得のコツ

@ ファイナンシャルプランナーの資格の概要

 

 ファイナンシャルプランナー、略してFP(エフピー)は、個人客向けにライフプランニングに即した資産運用のアドバイスを行うことが仕事です。大切な個人資産を運用するので責任は重大です。

 

 そのためFPの国家資格となるFP技能士(1〜3級)を2002年からスタート。それまでは国際的な民間資格となるCFPと、国内向けのAFCという資格があり、現在は3種の資格が存在することになります。国家資格の方が上ということもなく、 民間資格CFPは、国家資格FP技能士1級と同等レベルになります。
FP技能士は国家資格でありながら、それほど難度も高くなく、生活に密着する知識であるため、一般受験者も多いのが特徴です。

 

 ですからファイナンシャルプランナーとして独立を考えているのならば、FP技能士1級とCFPの両方資格を取得しておくほうが信用度が高まります。

 

Aどんな人に向いているのか

 

 FC技能士を取得すると名刺や看板にFC技能士と称することができるので、独立を考えるのであれば取得することをお勧めします。また、金融や保険業界などで国際的ファイナンス知識が必要な業界人はセットでCFPの取得も考えましょう。 実生活で資産運用を考えている方にもお勧めです。

 

Bファイナンシャルプランナーの資格取得のコツ

 

 FP技能士は1・2・3級とあり、実務未経験者でもしっかり勉強すれば2級までなら合格も可能です。1級はそれ相応の知識と経験が必要なため、実務経験者でないと難しいかもしれません。経験者であればFP技能士2級、1級を取得し、CFPを目指すのが順当です。



トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト