自分の市場価値を知る

市場価値を調べる方法は?

 

 市場価値を調べる方法は色々とありますが一番確かなのが、スカウトを頻繁にかけられるか如何かです。スカウトが多い方は、当然のことながら市場価値が高いと判断されているのは確かです。

 

 

 最も、これは一部の方であって誰もが対象となるわけではありません。一般的なのは、転職率と同じように転職サイトなどに登録してスカウトのオファーがあるか如何かです。ここに、登録して自分では、何社からもくるだろうと思っていてオファーがこなくて始めて自分の市場価値を実感するのも事実です。

 

30代での市場価値は?

 

 30代前半での市場価値は、中堅ということもあって即戦力が期待できる市場価値が高い方と考えるのが通常です。ここで、意外と勘違いしがちなのは、現在勤務している会社での評価が高い方が、一般の労働市場にでた場合、必ずしも市場価値が高いかといいますとそうではありません。

 

 要は、転職しようと考えている企業に向けて、何の仕事で貢献できるという付加価値があって初めて市場価値があります。大企業の方がベンチャー企業に転職して、評価が落ちるケースも間々あるのは、典型的なケースです。自分に市場価値があるか否かは、冷静に自己分析して考える必要があります。

 

 

【関連記事】

  1. 転職率を考える
  2. 余裕を持つこと大事
  3. 30代の休職中の転職活動


トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト