余裕を持つこと大事

転職を考え始めた時

 

 転職は、思い立ったらすぐにというケースは会社の存続が危ないケース以外は、じっくりと考えなければいけません。もっとも、転職をしたいと考えるだけで終わってしまう方も多いのが現実です。

 

 まず、しっかりと目的をもって転職活動にはいっていく必要があります。転職を考え始めた段階で、どこで行動したら効果的なのかを決めていきます。その上で、具体的なシミュレーションをしてみましょう。まだ転職先が決まっていなくても、行動する前にある程度の目安は必要です。

 

 

期間の配分

 

 転職を決めたら、全てに要する期間は、かなり必要なのが通常です。転職先を探すといっても、簡単に決まるわけではありませんし、結構な時間がかかるからです。よって、この転職先を探す期間は充分に取る必要があります。

 

 想定した期間より転職先が見つからない場合は、自分の市場価値の判断が甘かったともいえるでしょう。これに対して、転職先が無事に決まった場合には、転職先と入社時期を相談し退職先に出来る限り迷惑がかからないように調整します。

 

 30代ですと、中堅ですから責任ある仕事も担当しているでしょうから、引き継ぎにかなりの期間がかかると予め覚悟しなければいけません。会社の規定通りの退職規定より期間がいる必要がありますので、この辺りも最初から計算に入れておきましょう。

 

 

【関連記事】

  1. 転職率を考える
  2. 自分の市場価値を知る
  3. 30代の休職中の転職活動


トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト