豊富な媒体から何を選択するか?

まず、求人誌・WEB版から探す。

 

 求人情報誌・情報誌のWEB版で仕事を探す場合ですが、一番のポイントは自分が勤務することを予定している勤務地の情報が豊富な媒体を利用することです。

 

 それは、情報媒体で探す場合は、地元勤務を希望しているケースが多いですからです。発売日・掲載日も求人誌毎で決まっていますから、タイミングを逃さないことが大切です。

 

 この際ですが、複数の情報誌があるかと思いますが、全てに目を通すことは不可能に近いですので自分で探す媒体を予め決めておくことをお勧めします。また、WEB版には、絞り込み機能や直接応募できる機能もありますので大いに利用することです。

 

 

幅広い視野で探す。

 

 求人情報媒体と一口で言っても、様々な媒体があります。一般的な求人情報誌から、新聞、雑誌、WEBサイトなど視野を広げれば限りなくあります。それを一つ一つ、検索で探していくのは効率が悪いですので、求人媒体がまとまっているリンクサイトを使うのが効果的です。

 

 これも、民間では色々ありますが、意外と知られていない公益法人が運営しているサイトがあります。それが、公益法人全国求人情報協会です。リンクの数も多いですが、さまざまな情報も掲載されています。

 

 

http://www.zenkyukyo.or.jp/index.php
公益法人全国求人情報協会より引用

 

 

【関連記事】

  1. 求人情報のどこを見れば良いのか
  2. 手軽に利用ができる


トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト