効果的な方法は?

導入部分が大切

 

 自己PRですが、誰でも意味がわからない話を長々と聞かされるのはいやなものです。これは文章の場合も同じことがいえ、如何に最後まで読んでもらえるのかがポイントとなってきます。

 

 ただ単純に思いを込めてPRすれば良いというものではありません。これは、小論文と同じようなもので、いかに読み手を惹きつけるのかがポイントです。それには、導入部分が何よりも大切になってきます。導入部分には結論から先に書きましょう。

 

 これで要はたりますので、残りは、おまけと考えてよいでしょう。但し、小論文のようにといっても堅苦しく書くのは避けます。

 

 

何文字くらいが適正か?

 

 自己PRですが、盛り込みたい部分を挙げたらきりがないでしょうが、ここは一番のPRポイント1から3個以内でおさめましょう。文字数も150字から200字以内位が読みやすいです。

 

 中には、延々と400字位書く方もいますが、これは企業側から指定でもされていない限り、文章をまとめる能力がなしとみられます。文章をまとめる能力というのは、プレゼンなど仕事をしていく上では必要不可欠だからです。自己PR文に興味がそそられる部分がありますと、企業側も会ってみたいと考えるものです。

 

 

 

【関連記事】

  1. 意外な部分がみられる
  2. 興味を持ってもらえるか?


トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト