意外な部分がみられる

写真は大切

 

 最近では、履歴書の写真は大切ということは浸透しています。それでも、今一つの写真を貼って送ってくる方もいます。それは、写真が単純に苦手という方も中にはいらっしゃるからです。写真を撮られることは大丈夫という方でも、履歴書に向いている写真かといいますと、また少し話は違ってきます。

 

 履歴書の写真はスーツを着て正面上半身の3分の1位まで見える程度で撮影します。写真スタジオは手慣れたもので、2ショット程度で撮影も直ぐに終わります。よって出来上がりが本人と思っているのとはイメージが違うことがあります。履歴書の写真は、多少高くても納得のいくまでのショットや細かい修正まで行ってくれるところを選びましょう。

 

 

転職ならではの資格

 

 30代の転職ともなりますと、業務歴が見られるのは当然ですが、意外と資格面も見られます。20代前半ですと、よく勉強した位の評価にしかならないのですが、30代ともなりますと、業務に直結した資格を持っていることが多いからです。

 

 それは、転職しようとしている方は、スキルアップの為に、勉強している方も多いからです。転職しようとしている業界で持っていたら一目おかれる資格は転職活動のアピールにはもってこいです。また、即戦力にふさわしい大型資格であれば、やはりポイントは高いです。

 

 

【関連記事】

  1. 効果的な方法は?
  2. 興味を持ってもらえるか?


トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト