志望動機は合否の要でもある

書面でも書ききれなかった部分をカバー

 

 志望動機は、企業側からみると、真っ先に聞きたいポイントです。何故、志望したのか?どこに魅力を感じたのか?今後、何を行ってみたいか?何ができるのか?30代という中堅で何故、転職を考えたのか?現在の会社が居づらくなって転職を考えたのか?企業側にしてみれば、興味がある人物に対しては色々なことを聞きたいものです。

 

 それは転職者が即戦力として使えるかを考えているからです。よって、どのような質問があっても前向きな回答で応えられるように準備しておきます。

 

 

好感を持ってもらえる志望動機とは?

 

 面接で、志望動機を聞かれた場合に面接官に好感を持ってもらうにはどのようにしたら良いのでしょうか?まず、基本的なことですが、答える場合の心の準備として、面接官とのアイコンタクトをしっかりとりながら会話することです。面接官の話に耳を傾けているという姿勢が大事です。

 

 どれだけ応募企業に入りたいという空気感を作り出すことも演出の一つです。面接官も人ですから、相手が話しやすい人物ですと、それだけで好感を持ってくれます。その上で、何故、応募先を選択したかは、詳細なデーターをもとに説明していくのがよいでしょう。

 

 また、面接官が一番聞いてくる、現在の会社を辞めたい理由ですが、レベルが上がる企業が通常ですから、スキルアップが志望と答えれば、それが何よりも強い志望動機になります。

 

 

【関連記事】

  1. 基本をしっかりする
  2. 何がNGということを理解すること


トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト