意味合いを知りましょう

退社の意味について

 

 転職が決まり、会社に辞職の申し出を行う場合の書面の表書きは何とかくでしょうか?これを、退社願いと書く方は余りいないはずです。通常は「退職願」と書くのが常識です。それでは、退社の意味とは何でしょうか?退社とは、本日の仕事を終えて家路につくことを退社と表現します。

 

 また、会社を辞めるという意味もあります。よって、話す相手によっては、受取方が違いますので退職していない方を指す場合には注意が必要です。

 

退職の使い方について

 

 退職は、退社と違い意味は「会社を辞める」という以外の意味はありません。履歴書の記載欄には、数回の転職経験があれば、かならず登場する用語です。退職していて、退社と記載するかたもいますが、会社を辞めた場合は退職が正解です。

 

 入社と退社をそろえた方が、きれに見えるような気がしますが、それは誤りです。しかし退社と記載して一概に間違いというわけではありません。履歴書の記載で、それだけで書類選考不可までする厳しい企業はないかと思いますが、担当者によっては常識がないと考える場合もありますので、会社を辞めるときは必ず「退職」だということをしっかりと覚えておく必要があります。

 

 

【関連記事】

  1. 引き継ぎをしっかりと
  2. 環境への適応
  3. 30代が退職時に有給消化をするのはOK?
  4. 引き止め対処法を前もって用意しておくとトラブルを回避できます
  5. 試用期間の基本情報と気をつけたいことなどを一挙にお届け!


トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト