環境への適応

新しい環境へ慣れる

 

 途中入社の第一関門は、職場の雰囲気に慣れるということがまず大切です。何処の職場も同じですが、新たな社員を迎えるときは、色々な意味で緊張します。ましてや、それが、バリバリの転職者であれば尚更です。

 

 転職者としてみれば、期待されて入社したわけですから、早急に成果をだそうとはやる気持ちもわからぬでもないですが、ここはやはり慎重に行うべきです。入社した、早々に部下に指示をバンバンと出すようでは、部下や周囲から、あまり良い感情はもたれません。

 

 ここは、まず、新しい環境に慣れるということを優先し、部下とのコミュニケーションを図っていくことが大事です。

 

 

コミュニケーションが大事

 

 転職してきて、今までの担当者と変わることになった場合や、新しい部門を作った場合は、取引先に挨拶するのを忘れないようにしましよう。部下とのコミュニケーションも大切ですが、即戦力として入社したわけですから取引先関係との信頼関係をつくるのも大切な仕事の一つです。

 

 この時、橋渡ししてくれるのが直属の部下ということになりますので十分なコミュニケーションを取っておかないと協力も難しくなります。まず、内部そして外部と広げながら新しい仕事に対しての手ごたえをつかんでいくのが堅実な方法です。

 

 

【関連記事】

  1. 引き継ぎをしっかりと
  2. 意味合いを知りましょう
  3. 30代が退職時に有給消化をするのはOK?
  4. 引き止め対処法を前もって用意しておくとトラブルを回避できます
  5. 試用期間の基本情報と気をつけたいことなどを一挙にお届け!


トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト