30代が退職時に有給消化をするのはOK?

労働基準法による退職時の有給消化

 

 転職のために会社を退職すると決めたものの、これまで紹介しきれなかった有給を使ってから辞めようと考えるひとも、少なくないのではないでしょうか。

 

 労働基準法を基軸に考えてみると、第39条で保証されているので、退職時であっても、出勤率80%という要件さえ満たしていれば、会社は有給休暇の申請を拒否できないと定められています。

 

 とはいえ、退職をするからには、業務上支障がないように、きちんと引き継ぎを行う期間が必要ですから、自分の都合で退社日を決め、それまでに有給消化をしようと思っても、思惑通りには進みません。

 

 きちんと、会社側と話し合うことが必要です。転職のために会社を退社する前に、有給を消化したいと考えているなら、引き継ぎ期間と有給消化期間を加えて、早めに退職の申し出をし、何度かにわけて使うように配慮する必要があります。

 

有給消化にまつわるトラブル

 

 ネオブラック企業などは、働き盛りの30代のあなたに対し、有給消化を渋ることが考えられます。その理由として、後任人事が進まなかったり、会社の繁忙期であることがあげられます。

 

 また、必要な手順を踏んでも、「円満退職したいなら、最後まで出勤すべきだ」と、直属の上司が圧力をかけてくる企業もあるようです。直属の上司一人の考えなら、そのうえの上司にかけあったり、社内に相談相手がいなければ、労働基準監督署などに相談するのも一つの方法です。

 

 同様に、有給の申請は受理されたのに、期日になっても賃金を支払わないという会社もあるようです。退職後の場合は、まず内容証明郵便で支払いを請求し、それでも埒があかなければ、労働基準監督署や弁護士・社会保険労務士に相談しましょう。

 

 

【関連記事】

  1. 引き継ぎをしっかりと
  2. 意味合いを知りましょう
  3. 環境への適応
  4. 引き止め対処法を前もって用意しておくとトラブルを回避できます
  5. 試用期間の基本情報と気をつけたいことなどを一挙にお届け!


トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト