引き止め対処法を前もって用意しておくとトラブルを回避できます

なぜ引き止め対処法の準備が必要なのか

 

 転職を目指せば、会社から引き止めにあうこともあるでしょう。その引き止めを上手くかわすこと、これも転職活動の一部なのかもしれません。

 

 多くの人は、実際に会社から引き止めにあった後、その対処法を考えるようです。それでは少し遅いのではないでしょうか。なぜなら、会社は既に何人もの人を引き止めている経験があるかもしれないからです。その経験をフルに生かされてしまっては、転職に慣れていない人であれば後手後手に回ってしまうでしょう。

 

 急ごしらえの引き止め対処法、これも企業側にあっさりとかわされてしまうかもしれません。だからこそ事前に準備をしておく必要があるのです。

 

 

“決めかねている態度”は危険

 

 会社から引き止めにあった時、あなたが最もやってはいけない態度、それが“決めかねている態度”です。

 

 「辞めるか辞めないか、まだ迷っている」という態度は、会社の引き止め工作を助けるようなもの。「迷っている」と口にしなくても、そうした態度が少しでも見られれば、会社側はそこを容赦なく突いてくるでしょう。そうした“態度”でいることそのものが危険なのです。

 

 辞めると決めたら、例えどんな引き止めにあおうとも、その意志を示し続けること。これだけでも有効な対処法になります。

 

 

無駄な駆け引きはしないこと

 

 会社からの引き止めに気分を良くしたのか、しばしば、「給与や待遇が改善されれば考え直す」と言ったような、駆け引きを持ち出す人もいるようです。退職を決断しているにもかかわらずこうしたことを言う人は、「どうせ出来ないだろう」と思っているのでしょう。

 

 しかし、こうした駆け引きをこちらからふっかけると、「ならば給与や待遇を改善しようじゃないか」と相手がのってきた時に対処することができなくなります。

 

 会社相手に無駄な駆け引きをすることはとにかくリスクが高い。淡々と退職に向けて準備をすること、これが最善の対処法となることは間違いないでしょう。

 

 

【関連記事】

  1. 引き継ぎをしっかりと
  2. 意味合いを知りましょう
  3. 環境への適応
  4. 30代が退職時に有給消化をするのはOK?
  5. 試用期間の基本情報と気をつけたいことなどを一挙にお届け!


トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト