試用期間の基本情報と気をつけたいことなどを一挙にお届け!

試用期間の基本情報

 

 物事を知るには、まず基本情報から。ということで、試用期間の基本的な情報について共有しましょう。

 

 試用期間とは、入社直後から一定期間、新入社員の性質や適性などを見極めるために設けられるもので、法律で定められているものではありませんが、今では多くの企業が採用している制度です。

 

 一般的な話になりますが、期間は平均で3ヶ月ほどであり、常識的に考えれば6ヶ月を越えることはまずありません。解雇に関しては、本採用と同じように解雇する権利は企業にありますが、労働基準法や過去の判例により、正当性がなければむやみにこの権利を乱用し、労働者を解雇することはできないことになっています。

 

未経験者が試用期間で気をつけたいこと

 

 転職者とは言っても、これから未経験の業種や職種に転職することになれば、試用期間はとても重要な意味合いを持つことになるでしょう。

 

 社会人として一定の経験があれば試用期間中に解雇されてしまうことはないと思いますが、試用期間中に能力等を見極められ、そこである程度の評価が決まってしまうことはあるので、十分に気合いを入れて取り組まなければなりません。

 

 また、適性が乏しいと判断されれば、試用期間の延長も有り得ます。未経験者はこの可能性がより高いため、未経験であるという境遇に甘えることがないようにしましょう。

 

試用期間の長短で会社は選ばない

 

 転職希望者はまず転職先を多くの求人から選ばなければなりませんが、この時、試用期間の長短で選ぶのはやめておきましょう。

 

 試用期間が2ヶ月の会社と6ヶ月の会社の求人を見比べれば、前者の方に魅力を感じるかもしれません。しかし、長く働くことになれば最初の数ヶ月なんて、あってないようなもの。試用期間の長短のみで決めることはさすがにないとしても、重視するひとつの要素とすることで会社選びに失敗する可能性が出てきてしまうので要注意です。

 

 よほど首を傾げるような違いがなければ、試用期間はそもそも会社選びのポイントとすべきではないのかもしれません。

 

 

【関連記事】

  1. 引き継ぎをしっかりと
  2. 意味合いを知りましょう
  3. 環境への適応
  4. 30代が退職時に有給消化をするのはOK?
  5. 引き止め対処法を前もって用意しておくとトラブルを回避できます


トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト