30代の転職〜5つの流れ〜

 30代で初めて転職する人、つまり転職未経験者は、一般に転職市場でもっとも魅力的に映る存在といえるでしょう。ビジネスマナーの熟知、高い定着性と将来性、豊富な職務経験等は求人側にとって大きな戦力足り得る人材と思われるからです。大卒で10年以上、高卒で15年程度の職務経験は若くして力強い戦力となる期待感を抱かせます。

 

 

職歴を最大限生かした転職準備

 転職未経験者ですから、ビジネススキルは豊富でもそれをうまく生かした転職ノウハウが分かりません。市販本も無意味ではありませんが、一般受けする内容では、転職者に特化したより訴求力を持った転職活動を行うことは難しいでしょう。そこで管理職経験者なら東京人材銀行、転職支援サイト、人材紹介会社等へ登録し、自分の職歴を最大限生かした転職準備を始めましょう。

 

 

自分に合った求人情報を探す

 求人情報も、東京人材銀行であれば管理職者対象案件ですから報酬も一定程度確保される案件が多くなるでしょう。転職支援サイトや人材紹介会社では、専任のコンサルタントの協力を得て自分の適性に合った求人情報を入手する可能性が高くなります。

 

 

応募書類作成のコツ

 履歴書は学歴と職歴等を書くこと丁寧に書くだけでその他特に留意すべきことはありません。一方転職者にとってより重要となるのは職務経歴書です。これは読んで字の如く、これまでの職務を通じた入社年月、会社名、配属先・職位(昇進年月等)、職位ごとに従事してきた業務、成果、苦労した点、反省点、今後の業務へと取り組み姿勢として教訓にした点、改善工夫点等を簡潔明瞭に記載することです。 

 

 

面接の質疑応答とシュミレーション

 転職に対する面接の場で最も多く聞かれる質問は「なぜ転職しようと思ったのですか」、「なぜ当社に入社したいと思ったのですか」等です。これらについて市販本を見る場合、決して丸暗記はしないでください。面接官は何を聞きたいのか、どういった内容を押さえて応えればいいのか等の、要領を理解することです。これは面接時の受け応えすべてに言えることですが。人材紹介会社などの専任コンサルタント等に対して行うシミュレーションでは、より実践的な面接方が修得できるでしょう。

 

 

退職と入社準備は万全に

 初めての退職となりますが、この点については市販本やインターネット等に掲載されている一般的な事例を参考にしてもいいでしょう。入社準備にしても同様です。その中で自分に関係あるものないものを取捨選択していけばいいのです。



トップページ 30代の転職〜5つの流れ〜 一押し転職サイト